どれが安心?初心者向け資産運用の種類
初心者注目! ワンルームマンション投資のHow to
30代独身OL・初めての資産運用
自分に合った資産運用セミナーを探してみよう

閉じる

初心者のための資産運用ガイド » 30代独身OL・初めての資産運用 » 資産運用している独身女性の事例を見る

資産運用している独身女性の事例を見る

20代の独身女性も実践!マンション投資の資産運用例

このページでは、実際に不動産投資をしている独身女性の事例をピックアップ、資産運用の実践において大切なことは何なのかを読み解きましょう。

女性の資産運用例:Y.Tさん(26歳)の場合

20代半ばという若い世代ながら、きちんと将来を見据えてマンション投資をスタートした独身女性の事例です。

マンション投資にトライできると実感

「いずれは不労所得が入ってくるような生活を夢見て、投資について調べる中、まとまった自己資金がなくてもマンション投資ができることを知りました。

不動産投資会社に行ってみて、個人でもトライできる仕組みや意義があることを聞いて、興味津々。もちろん、不安はあったものの、担当者が信頼できる方だったのでマンション購入できました」

女性の資産運用例:A.Mさん(40歳)の場合

もともと自宅であるマンションの買い替え経験が二度あり、どちらも売却益を得たという経験を持つ会社員の女性。

投資は初めてでも不動産投資には可能性を感じ取っていたようです。

アパート投資よりもマンション投資を選択

「不動産投資会社には頭金0円からのマンション投資という方法があることも聞いて、自宅マンションの購入経験から、小さな自己資金でスタートできるのはいいと思いました。

当初アパート経営を考えて資料請求したのですが、相談するうちにマンション事業の部署を紹介していただき、いい物件を入手できました」

女性の資産運用例:H.Cさん(39歳)の場合

神奈川県在住で東京23区内のマンション投資を始めた看護師さん。

20代後半で自宅マンションを購入した経験もあり、不動産購入に対する偏見や誤解はない様子。

リスクが少なく手間もかからない

「自宅マンションを賃貸として貸し出すことで収入になるか、調べてみたのがきっかけでした。

マンション投資という意味では、ファミリー対応は賃貸より売買の方が盛んで、投資専用のワンルームマンションがいいということを知りました。

株式やFXに比べれば乱高下もあまりなく、資産運用といってもあまり手間もかからない。そして、不動産投資会社には最長35年のサブリースがあることを教えてもらって、安心感を持てました」

女性の資産運用例:N.Yさん(30代)の場合

会社員でマンション投資に着手したこの方は、繰上返済することでローン支払のない物件所有を現在の目標に設定しています。それが本業である会社での業務に対するモチベーションアップにもなっているようです。

節税対策になり他者資本を利用できるのが魅力

「マンション投資はサラリーマンでもできるということを知って、不動産投資会社の無料セミナーに行ってみました。

プロの話を聞いて、魅力を感じたのは本業の収入の節税になること。それに、他者から資金を借りて自分の資産運用ができるのもメリットです」

女性の資産運用例:Y.Hさん(59歳)の場合

かつて株式投資投資信託による資産運用の経験があり、結果的には失敗に終わり運用の難しさを知ったとのこと。

不動産投資会社選びでは3社に相談した上で物件購入に至っています。

不労所得による安定した収入

「娘夫婦が海外赴任中、自宅を貸し出して収入を得ているので、安定した家賃収入を期待して不動産会社に相談をしました。

空室保証が35年あることや物件の立地がよかったので購入を決断。今は定期的な家賃収入を得て、買い増しも視野に入れています」

女性の資産運用例:E.Sさん(39歳)の場合

勤め先が金融関連の企業ということもあり経済的知見も豊富な女性で、既に2戸のマンションを所有しています。金融商品ではプラスマイナス0程度で、新しい投資方法として選んだのがマンション投資でした。

節税になることと空室保証が付くことで安心

「仕事柄、日本の将来や年金制度には不安を持っています。

マンション投資に魅力を感じたのは、まず給与収入の節税になること。

そして、空室保証もあり、メンテナンスもお任せできるなど安心できる仕組みがあって、決意することができました」

資産運用初心者におすすめ
ワンルームマンション投資の方法を
チェック!