どれが安心?初心者向け資産運用の種類
初心者注目! ワンルームマンション投資のHow to
30代独身OL・初めての資産運用
自分に合った資産運用セミナーを探してみよう

閉じる

初心者のための資産運用ガイド » どれが安心?初心者向け資産運用の種類 » 定期預金

定期預金

超ローリターンでも安心重視!定期預金という資産運用

このページでは、リスク回避を最優先する資産運用向きの定期預金に関する基本知識として、仕組みや特徴、メリット・デメリットなどを紹介します。

定期預金の特徴

定期預金は普通預金に比べれば金利設定が高いのですが、それでもメガバンクやゆうちょ銀行などは税引前の年率が0.01%となっているものがほとんど。単純計算すると、100万円預けても1年後の利息は100円にしかなりません。

そのため、定期預金は超ローリスク・超ローリターンの金融商品といえます。

資産運用という意味では、資産を増やす意味合いは薄いのですが、投資初心者にとっては、満期にきちんと利息を受け取ることで、資産運用の実感ができるでしょう。

定期預金の始め方

定期預金を始めるにあたってのポイントは以下の2点です。

できるだけ金利のよい商品を選ぶ

複数の金融機関の定期預金を調べて、少しでも金利がよい商品を選んでください。

ネット銀行などは旧来型の銀行と比べて店舗や窓口などがない分、有利な傾向があります。

資産運用として満期日を設定する

定期預金は3ヶ月もあれば3年もあるなど満期日が設定されています。

自分の資産運用をプランニングする上で、いつを満期日にするかで選ぶ商品も異なります。

定期預金で利益を出す仕組み

定期預金で少しでも利益を出すには、以下の2点に注意しましょう。

利息には税金がかかる

国税と地方税合わせて利息には20.315%の税金がかかります。

雀の涙ほどの利息から2割以上の利息を取られることを憶えておきましょう。

新しいタイプの商品を見極める

証券口座との連動を条件とした商品や超短期商品など、独自性の強い定期預金もあり、まとまった金額を預金できるなら、金利によるリターンにも大きな差が生まれます。

定期預金の種類

スーパー定期や大口定期預金なども含めて、一般的に定期預金と呼ばれるもの以外にも、金融商品の分類として定期預金にグルーピングされるのは以下の3つです。

期日指定定期預金

預入から1年以降は自由に満期を決められる商品。

変動金利定期預金

6ヶ月や1年といった決められた期間単位で金利が変動する商品。

積立定期預金

文字通り毎月決まった金額を積み立てる商品。

普通預金の金額を振り替えるのが一般的で、給与の一部を毎月定期預金に回すといった利用をします。

定期預金のメリット・デメリット

定期預金という投資方法についてメリットとデメリットの両方を紹介しておきます。

定期預金のメリット

  • 元本保証されているので基本的にはほぼリスクがない
  • 専門知識がなく運用の手間をかけなくても利息がつく
  • 満期日になればしっかりリターンを確保できる

定期預金のデメリット

  • 超低金利時代ということもあって、ほとんど利益がでない
  • 満期日以前に解約すると解約手数料を取られて元本割れになることも
  • 税金や引出時の手数料などもマイナス要因となる

定期預金はこんな人におすすめ

利益は少ないものの、定期預金はまったく不要かといえば、そうでもありません。

おすすめなのは、以下のようなケースです。

公務員や大手企業勤務など長期安定収入が見込める

中長期スパンで安定収入が見込める人なら、毎月給与の中から一定金額を定期預金として積み立てていくことには意味があります。

もちろん、これを資産運用のメインにするというより、普通預金のままにしておくよりは有意義。結婚やマイホームといったライフイベントを目的として、期間を定めて運用すればムダ遣いの防止にもなります。

なお、資産運用の基本は分散投資であり、定期預金をするにしても使うのは資産の一部。リターンを求めるのではなく、着実に貯金として残したい分だけを残しておく程度のものと考えてください。

定期預金で強みのある会社をピックアップ

2018年3月9日現在の調査データとして、1年モノの定期預金の金利比較をした情報をネットで見つけたので、その中から上位3銀行をピックアップしておきましょう。

イオン銀行

定期預金の金利が年0.05%で、これはトップクラス。

ただし、要注目なのが実はイオン銀行の普通預金

イオンカードセレクトを持っていれば普通預金の金利が0.099%プラスになるため、もともとの金利0.001%と合わせて年0.1%の金利になります!

イオンカードセレクトはイオンのクレジットカードにキャッシュカード機能とWAONという電子マネー機能がまとめられたものなので、日常生活での使い勝手もよいのがメリットです。

じぶん銀行

定期預金の金利が年0.05%でイオン銀行と並ぶ高さが魅力。

加えて、これから資産運用しようという人なら、新規口座開設の3ヶ月定期預金を選べば年0.5%というお得な商品を利用できます。

ネット銀行の口座を持っていない人なら、定期預金だけでなくネットサービス全般での利用メリットも好材料となるので、こうした機会に口座を作るのもいいでしょう。

オリックス銀行

オリックス銀行は「eダイレクト預金」というネット取引に特化した専用商品を用意しているのが見逃せません。

定期預金は100万円以上という条件がありますが、1年モノ・2年モノで年0.15%、3年モノ・5年モノで年0.2%という魅力的な金利設定を行っています。

また、定期預金でありながら「2週間定期預金」という短期商品があり、こちらは50万円以上で年0.05%。まとまった資産があれば短期間での小遣い稼ぎに利用できます。