どれが安心?初心者向け資産運用の種類
初心者注目! ワンルームマンション投資のHow to
30代独身OL・初めての資産運用
自分に合った資産運用セミナーを探してみよう

閉じる

初心者のための資産運用ガイド » どれが安心?初心者向け資産運用の種類

どれが安心?初心者向け資産運用の種類

リスクとリターンの違いから理解する資産運用の種類

このカテゴリーでは、定期預金から不動産投資や株式投資など、資産運用の初心者向けに特徴やメリット・デメリットなどをわかりやすく解説しています。

詳細ページで取り上げているのは以下の6種類+1バリエーションとなります。

不動産投資

ミドルリスク・ミドルリターンといわれる資産運用。

かつて不動産投資は土地建物を持っている資産家だけのものというイメージがありましたが、近年はワンルームマンションの区分所有が認知されていて、一般的なサラリーマンにも可能な資産運用となっています。

不動産投資について
詳しく見る

定期預金

マジメにコツコツ、長期間をかけて資産を残していくのが定期預金。

元本保証があり、普通預金よりは利率がよいことで、バブル時代であればまとまった資産が着実に増える資産運用でした。

しかし、超低金利時代における安全安心な資産運用の実態とはどんなものかを解説しています。

定期預金について
詳しく見る

個人年金

資産運用とは考えずに加入している人も少なくない個人年金保険。

保険商品ではあるものの、本来は資産運用のバリエーションのひとつで、分散投資という意味では商品特性を踏まえて、ムダのない商品選びが重要となります。

個人年金について
詳しく見る

個人向け国債

定期預金と並ぶローリスク・ローリターンの資産運用。

超低金利時代の近年は利率もほぼ下限で推移しています。

資産運用の初心者にとっては、投資を学ぶという意味で定期預金よりは有意義ともいえますが、まずは仕組みや特性などを正しく理解する必要があります。

個人向け国債について
詳しく見る

株式投資

ハイリスク・ハイリターンで初心者にはハードルが高い資産運用方法。

一方、ネットやスマートフォンの普及によってオンライントレードが一般に浸透してきている実状もあります。

初心者が簡単にリターンを得られるものではありませんが、その特性は知っておくべきです。

株式投資について
詳しく見る

投資信託

投資信託とは投資のプロに資金を預けて、様々な資産運用によって収益を得ようというもの。

他者に委託する分、実入りは少なくなりますが、個人ではハードルが高い投資に少額からチャンレンジできる点は魅力です。

投資信託について
詳しく見る

J-REIT

投資対象を不動産に特化した日本の投資商品。

不動産投資の投資信託といった特性を持ち、個人でいきなり物件購入するのは抵抗がある人がトライするのに適しています。

投資家にとって、少額でも大規模な不動産への投資に関われるのが魅力です。

J-REIT(ジェイリート)
について詳しく見る