どれが安心?初心者向け資産運用の種類
初心者注目! ワンルームマンション投資のHow to
30代独身OL・初めての資産運用
自分に合った資産運用セミナーを探してみよう

閉じる

初心者のための資産運用ガイド » 初心者注目! ワンルームマンション投資のHow to » ワンルーム(区分)マンションVS 一棟マンション 初心者向けなのはどっち?

ワンルーム(区分)マンションVS 一棟マンション 初心者向けなのはどっち?

このページでは、区分所有のワンルームマンションと一棟マンションとで投資にどんな違いがあるか、メリットとデメリットなどを検証してみました。

特性を理解してワンルームマンションと
一棟マンションを比較

まずはマンション投資の中で、区分所有のワンルームマンションと一棟マンションそれぞれのメリットとデメリットを整理してみましょう。

区分所有のワンルームマンションのメリット・デメリット

ワンルームのメリット
  • サラリーマンでも都心の好立地物件を購入することができる
  • 購入費用・メンテナンス費用が小規模で済む
  • 複数物件のワンルームマンションを所有すればリスク分散になる
ワンルームのデメリット
  • 空室になってしまうとその間の家賃収入はゼロになる
  • 日常的な管理やメンテナンスは管理会社次第になってしまう
  • 共用部分や全体の修繕などは区分所有オーナーの自由にならない

一棟マンションのメリット・デメリット

一棟マンションのメリット
  • 管理運営費用や修繕積立金が一棟単位でコスト効率がよい
  • 多少の空室があっても区分所有よりは赤字になりにくい
  • 建物全体の大規模修繕などはオーナー自身がプランニングできる
一棟マンションのデメリット
  • 修繕費用は多額の出費になる
  • 物件全体の老朽化など資産価値の下落リスクを分散できない
  • 火災や地震など災害で建物が損傷すると大きな収益減になる

一棟マンションは効率的だがハイリスク

一棟マンションの不動産投資は投じた費用に対するリターンの割合がよい、効率的な投資という側面があります。

表面利回りは一棟マンションの方が高めで推移

投資物件情報の専門サイトに掲載されている物件の利回りデータを見てみると、表面利回り(維持管理費などのマンションの保有コストを計算に入れていない利回り)ではワンルームマンションが5.42~8.23%で推移しているのに対し、一棟マンションは6.77~9.09%と上回る数値で推移しています。

リスクは大規模なマイナスとなることも

しかし、一棟マンションは購入費用も修繕費用も大きな金額となるので、金利上昇や周辺環境の変化などによってはまとまった損失となるリスクがあります。

経営するなら一棟、投資するならワンルームマンション

区分所有のワンルームマンションと一棟マンションの投資としての特性は主に以下の2つに分けて考えるとよいでしょう。

物件オーナーとして賃貸経営するなら一棟マンション

相続などが典型的で、オーナーとして賃貸経営することがメインビジネスなら一棟マンションがおすすめ。

投資目的の商品としてならワンルームマンション

きちっと利益の改修までを見据えた商品として投資するなら、より選択肢の多いワンルームマンションがおすすめ。

資産運用初心者におすすめ
ワンルームマンション投資の方法をチェック!